FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会報20号より エコツアー報告

10月6日 エコツアー報告
文責:大平優子(NPO法人地球環境再生機構理事)

◆食の安心安全に対する関心の高まりの中で、農業をビジネスとして捉え、無農薬・有機農法を実践されている農家の訪問を通して自分なりに何かを学びとるべく、大人19名子ども1名の計20名で行ってまいりました。魚の棚(明石)から始まりパソナ・チャレンジファーム(北淡)、淡路島西洋野菜園(南あわじ)と順に訪問し、最後は潮崎温泉の足湯(福良)で一日の疲れを癒してもらいました。
◆パソナチャンレンジファームは農業分野での起業を目指す人材を育成する取り組みを行っている2008年10月よりスタートさせた農業ベンチャー支援制度。地方自治体等と協力して参加者が農業に従事しながら事業計画作成、作物の選定、生産販売方法の企画・栽培管理や収穫・出荷、農業経営の実践を学び、独立就農を目指されています。2011年4月に淡路島を拠点とする『ここからプロジェクト』を立ち上げ、若者の自立人材育成プログラムとして地域定住支援事業・地域での兼業スタイルモデルの確立を目指している所です。 ここでは畑の見学をさせていただきました。
◆食・農・芸術・健康をサイクルとして、働き・学び・集い・楽しむ場の創造による雇用を創出し、農業や観光をはじめ地域活性化を実現させている企業の姿は、次世代には必要であり期待をもてるものではあるものの、まだ社会には理解されにくい部分や利益面の問題も含め課題の多さ・難しさが伺い感じられました。
◆お昼にはチャンレンジファームが地域活性のために再生活用したレストラン「のじまスコーラ」で舌鼓。廃校になった小学校を利用したとは思えない内装と調度品には力の入れようを感じさせられました。お料理も大変美味しく、イベントとしての工夫も凝らしている様子。これからの発展に期待を持ちたい場所の一つでした。
◆さて、2件目の畑である淡路島西洋野菜園の柴山様は数年前に淡路島に移住された方です。「農薬を使わない」「化学肥料を使わない」が野菜の美味しさだけでなく、人の健康や地球環境にも大切であることを一人でも多くの人に知ってもらいたい思いで、「野菜の持つ本来の味」にこだわった野菜作りをされています。周囲の畑はどこも一般的な農法で使われているので決まった時期には農薬を散布されます。そんな中での地元民との関わり合いには相当なエネルギーがいったことでしょう。趣味としてではなく無農薬栽培を事業として軌道に乗せる難しさはここでも感じられました。肥料を含め、全てにおいて自分なりに考え、工夫してその土地の状態や気候・気温の温度変化などの環境に合せてオリジナルの方法を試行錯誤しながら実践されています。そうしてできた種はその土地のブランドとなり得ましょう。「柴山さんの野菜」として淡路島に広がるのが楽しみです。レストランだけでなく宅配もされているので、ご興味のある方はどうぞ。
◆ご参加の皆さま、本当にお疲れさまでした。 「虫との共生とは何かをかんがえさせられました」「政府が農業政策を考え直すべきであることをより強く思い望むようになりました」「農業に頑張っている若者の姿に対する国への対応の不満を感じました」などなど、数々の感想をいただきました。
◆理想とする農業がどういうものを指すのか、自分はどのように関わりあっていきたいのか、そしてこれからの農業のために自分が今できることは何なのか、また自分はどう動くべきなのか等も考えさせられたツアーでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

講演会「畑の微生物と健康」と菜園教室の収穫

◆◇活動報告◇◆

●9月15日(土)講演会を開催しました。

森下日出旗氏による講演では「畑の微生物と健康」と題して、
微生物の力が畑の土に及ぼす影響と、その結果として
そこに育つ作物の栄養価が大きく変わるというお話をしていただきました。
昔の野菜とくらべて、今の野菜が栄養不足になっているとは驚きでした。



当日配布された資料の一部を、ご紹介します。
(下のサムネイル画像をクリックすると拡大します)

120915講演会レジュメ「畑の微生物と健康」 (資料)食品成分比較表


●「菜園教室と環境学習」夏野菜の収穫

当法人の「菜園教室と環境学習」では有機農法を実践していますが
実際に、この夏はとてもおいしい野菜がたくさん収穫できました。
講演会でのお話の内容が、ここで実証されていることになります。

菜園教室の収穫 トウモロコシ

ミニトマト ナス

有機堆肥や発酵肥料を使うことで、野菜や果物がぐんとおいしくなることを、
そして、そこには微生物の働きが必要であるということを
もっとたくさんの人々に知ってもらえたら・・・と思います。


現在、菜園教室では新しい仲間を募集しております。

興味のある方はぜひ、事務局までご連絡ください。お待ちしております。



NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

会報19号を発行しました

本年度初の会報発行です!
9月15日(土)に開催いたします講演会のご案内を中心に、
最近の活動報告などを掲載しております。

(下のサムネイル画像をクリックすると拡大します)


会報19号


↓↓(以下、会報19号概要)↓↓

◆◇NPO地球環境再生機構主催 講演会のご案内◇◆

日時:9月15日(土)10:00~12:00
場所:(茨木市市民活動センターを予定)
講師:森下日出旗さん (当法人顧問、理学博士)
演題:「畑の微生物と健康


私たちが毎日食べている野菜は、戦後の頃の野菜と比べ、その栄養は極めて貧弱なものになっています。
例えばほうれん草のビタミンAは90%も減少しているのです。
これには土の中の微生物が大きく関係しているのですが、その具体的な理由とは・・・?
土と微生物と私たちの健康が見えない糸で結ばれていることをお話しします。


◆◇お知らせ◇◆

7月28日(土)「知って得するフレッシュ講座」
13:00~15:00 於:市民活動センター(市民会館2F)


茨木市環境ボランティアによる活動報告会のトップを切って、
当法人理事長の森下恭子が菜園教育のとりくみを報告します(13:00頃から約30分間)。
こちらも、ぜひご参加ください。


◆◇活動報告◇◆


●7月7日(土)菜園教室の「野菜パーティー」をしました。
畑の収穫物を中心にしての料理を、37家族95名(ボランティア10名)が参加。
楽しく、にぎやかな会食パーティーになりました。
次回は秋の「焼きいもパーティー」を予定しています。

●7月14日(土)茨木市市民活動センター主催「フリーマーケット」に参加。
菜園教室の新鮮野菜を出品しました。
お客様は昨年度より倍増、約600人の参加で、持ち込んだ野菜も完売できました。


当法人の活動に関するご意見、会報の感想など、事務局までお聞かせいただければ幸いです。
今後とも、よろしくお願い致します。


NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

菜園教室のチラシができました

親子で育てた安全な野菜を
家族みんなで食べてみませんか?

まだまだ募集をしていますので
お問合せ・お申込みをお待ちしております。

(下のサムネイル画像をクリックすると拡大します)

菜園教室チラシ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「菜園教室と環境学習」の募集について(詳細決定)

募集の内容について、詳細が決まりました。

「菜園教室と環境学習」

(期間) 2012年4月~2013年3月
(場所) 茨木市立南中学校 西隣の農地(茨木市若園町)
(活動日) 第2・4土曜日 午前10時から1時間程度
(費用) 3000円/月(指導料/苗・種・肥料等含む)
      700円/月(公益費--水など)

(募集) 先着30名
先着順ですのでお早めにお申込み下さい。

(お問合せ・申込み先)
NPO法人地球環境再生機構 / 担当:森下
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3-4-30
TEL:072-638-2212
FAX:072-638-3314
infom1@save-planet1.org



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お知らせ

ただ今 
新年度会員募集中!ボランティアスタッフも同時募集!
期間:
2014年4月~2015年3月

場所:
茨木市若園町
(南中学校西隣の農地)

費用:
2,500円/月
(指導料・公益費・苗・種・肥料などを含む)

活動日:
毎月第2・4土曜日
午前9時~2時間程度

募集対象:
ご家族
(ご家族みんなで。おじいちゃん・おばあちゃんももちろん大歓迎です。)

プロフィール

地球環境再生機構

Author:地球環境再生機構
私たちと共に未来の地球のためにできることを始めてみませんか?地球再生機構では、大阪府茨木市で無農薬の有機農法・自然農法を取り入れた菜園教室を開いております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

NPO法人地球環境再生機構

地球のためにできること…地球環境再生機構

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。