スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンドウ豆を子どもたちにぜひ食べてほしい理由は?!

こんにちは。
家族で楽しんで、健康のために
無農薬の有機・自然農法を取り入れた野菜を作る
菜園教室に参加している1児のママnakaです☆


「貸し農園&学び」が体験できる
菜園教室の出来事をブログに書いていきます。


菜園教室では、
スナップエンドウを栽培しています。
つるが伸びて、すくすく育っていますよ。


★★★★★★★★★★★★★★★★★

エンドウ豆って、すごいんです?!

★★★★★★★★★★★★★★★★★


あなたは、エンドウ豆の栄養を
ご存知ですか?


エンドウ豆など「芽の出る」野菜は
栄養バランスがいいのです!
※芽の出る野菜とは、
豆・ゴマ・芋・玄米などの野菜です。


特に豆類は、


「畑のお肉」


と言われるくらい、


タンパク質
ビタミンB
ビタミンE

カルシウム
リン
カリウム
食物繊維
脂質



などが多く含まれていて、
大変優れた野菜なのです。


あなたは食事に
豆類を出していますか?


豆類が嫌いな子どもも多いですが、
チーズと枝豆の春巻きなど、
子どもが好きな料理と組み合わせると
摂取することが出来ますよ。


また、鉄分が多く含まれていますから、
貧血気味・妊娠中のお母さんにも
おススメの野菜ですね!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

マメ科の植物にある「根粒菌」って何?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


「根粒菌」


あなたは、こんな名前を
聞いたことがありますか?


木村秋則さんの著書
「奇跡のリンゴ」
私はこれを読んで初めて知りました。



===========

根粒菌の基礎知識

===========


マメ科の植物は空気中の
「窒素」を取り込んで
根にこぶを作って蓄えます。


エンドウ豆


この中に、
根粒バクテリアと呼ばれる


「根粒菌」


が一緒に住んでいるのです。


この根粒菌は自分が成長するのに
利用します




======================



つまり、


エンドウ豆などマメ科の植物は、
自分が蓄えた窒素を利用できるので、


窒素肥料は必要ないのです!


自然ってすごいですね~。
私たちはその自然を食べるのですから、
ありがたく頂きたいものですね。


ぜひエンドウ豆を栽培して、
子どもたちに
感じさせてあげてくださいね!
スポンサーサイト

お知らせ

ただ今 
新年度会員募集中!ボランティアスタッフも同時募集!
期間:
2014年4月~2015年3月

場所:
茨木市若園町
(南中学校西隣の農地)

費用:
2,500円/月
(指導料・公益費・苗・種・肥料などを含む)

活動日:
毎月第2・4土曜日
午前9時~2時間程度

募集対象:
ご家族
(ご家族みんなで。おじいちゃん・おばあちゃんももちろん大歓迎です。)

プロフィール

地球環境再生機構

Author:地球環境再生機構
私たちと共に未来の地球のためにできることを始めてみませんか?地球再生機構では、大阪府茨木市で無農薬の有機農法・自然農法を取り入れた菜園教室を開いております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

NPO法人地球環境再生機構

地球のためにできること…地球環境再生機構

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。