FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農薬が本当に怖い理由

菜園教室では「有機農法」×「自然農法」で野菜を育てていますので、もちろん農薬はつかっておりません。
先日、yahoo!ニュースで農薬に関する怖い記事がありました。

<転載開始> 9/13付 一部抜粋

「ぶどうジュースを飲んだあと意識障害に…」の怖い理由

「ウーロン茶とぶどうジュースと梨を摂取したという22歳の女性は、来院した時点で呼吸困難と全身の筋肉の引きつりを起こし、歩行不能にまでなっていました。女性の尿からはネオニコチノイド系(以下、ネオニコ系)農薬の代謝産物が検出されましたが、茶と果物の摂取を禁止したところ、数日で改善したのです」

 そう語るのは、この10年ほどで出荷量が2倍に増えたネオニコ系農薬研究の第一人者、平久美子先生(東京女子医科大学東医療センター麻酔科)。農薬の過剰使用が人体に与える影響について、警鐘を鳴らしている。

「現在、農薬のなかで主流になりつつあるのがネオニコ系です。果物から野菜まであらゆる農産物に使われますが、人間の神経細胞を攻撃して、主に脳と自律神経を狂わす大変な毒物。中毒を起こす患者も出ています」

 ネオニコチノイド中毒は、頭痛や抑うつ、意識障害など中枢神経症状が多く見られるのが特徴。ほかにも、筋肉のけいれんや痛み、発熱、手足の冷え、腹痛に咳、また頻脈や極端に脈が遅いといった症状も。摂取量が多いほど、症状は重篤化していく。

 ところがこのネオニコ系農薬、日本の残留基準値は、欧米に比べて異常に高いのだという。「日本の基準の甘さは驚くべきもの。お茶なんてEUの300倍も甘い」と平先生。体重25キロの子どもが、基準値の極限までネオニコ系農薬を使ったぶどうを1日500グラム食べれば、許容量オーバーだ。

「ごくごくと飲めてしまうジュースはさらに危険。ある児童には、ぶどうジュースを大量に飲んだあとに意識障害など中枢神経症状があらわれました。ところが、ぶどうジュースをやめた数日後にはケロッと治ってしまった。まだ研究段階ですが、最近、発達障害が増加傾向にあるのは、遺伝や生育環境と合わせて農薬の影響もあると疑われています」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130913-00010003-jisin-soci

<転載終了>

農薬がどれほど人体に影響するか想像していただけたでしょうか。
農薬は大人も子どもも危険であること。
「食」に関して、自分たちで自衛していくことも大切なことでしょう。
EUではこの農薬の問題に対して、さらに進んだ決定を行っております。

<転載開始> オルタナ 5/25付

EUがネオニコ農薬禁止へ、日本は野放し

欧州委員会は5月24日、ミツバチ大量失踪の原因とされるネオニコチノイド系農薬3種(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)の使用を12月1日から禁止すると決定した。

EU加盟国は、9月末までにネオニコ系農薬の使用許可を撤廃または修正しなければならない。現在あるネオニコ系農薬の在庫は11月末まで使用できる。

欧州委員会は、遅くとも2年以内に科学的かつ技術的な成果を考慮して今回の規制を見直すとしている。

一方、日本の農水省は、ネオニコチノイド系農薬について、一切の規制をしていない。日本でも、「ミツバチ大量死はネオニコ系農薬と強い相関がある」とした金沢大学の教授らの論文(本誌既報)も発表されており、早急の規制が求められている。

ただ、効果が強いネオニコ系農薬は、「減農薬」の農家でもよく使われており、農家側の意識も問われることになりそうだ。農家の高齢化や後継者問題もある。

農地の単位面積当たり農薬使用量を国際比較すると、日本が世界で最も多い。こうした状況をつくりだした農水省や農協の姿勢も問われている。

http://www.alterna.co.jp/11082

<転載終了>

EUのように日本も早急に農薬の対策をしていただければいいのですが…。
今、自分たちが対策を取れることは「野菜や果物はできるだけ顔の見える生産者から買うこと」「無農薬で野菜を作ること」などでしょう。
「無農薬で野菜を作る」ことは、私たちの菜園教室がお手伝いします。
大切な家族を守るために、一緒にがんばりましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Secret

お知らせ

ただ今 
新年度会員募集中!ボランティアスタッフも同時募集!
期間:
2014年4月~2015年3月

場所:
茨木市若園町
(南中学校西隣の農地)

費用:
2,500円/月
(指導料・公益費・苗・種・肥料などを含む)

活動日:
毎月第2・4土曜日
午前9時~2時間程度

募集対象:
ご家族
(ご家族みんなで。おじいちゃん・おばあちゃんももちろん大歓迎です。)

プロフィール

地球環境再生機構

Author:地球環境再生機構
私たちと共に未来の地球のためにできることを始めてみませんか?地球再生機構では、大阪府茨木市で無農薬の有機農法・自然農法を取り入れた菜園教室を開いております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

NPO法人地球環境再生機構

地球のためにできること…地球環境再生機構

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。