FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菜園教室】ブロッコリー、キャベツ、レタスなどの種まき(9月14日)

今日の菜園教室は、台風18号の影響で風が強い日でした。
次の日から大荒れの天気だという予報でしたが、なんとか天気が持ちました。

菜園教室

台風の前でしたが、参加者が多かった日です。
台風18号で被災された方々にお見舞い申し上げます。

前回は、ダイコン、ニンジンの種まきをしましたが、今回はブロッコリー、キャベツ、タマネギ、リーフレタス、玉レタス、チンゲンサイ、小松菜、カブ、赤カブの種まきをします。
台風は雨をもたらしてくれるので、台風の前に種まきをしておいた方がよいのです。


【野菜の種のまき方】
○ブロッコリー、キャベツ、タマネギ、リーフレタス、玉レタスは、ばらまき。
土を平らにした後、野菜を植える場所を決めます。
次にジョウロのシャワーでその場所に水をやります。
種をぱらぱらと落として、土を種がかぶるくらい(2cmくらい)落として、その上を軽く押さえます。
そのあと、小さく切った草やわらなどをまいておきます。

○カブ、赤カブはダイコン、ニンジンと同じ。

○チンゲンサイ、小松菜は、すじまき。
土の上に深さ2cmくらいの溝を作って軽く押さえてから、ジョウロのシャワーでその場所に水をやります。
重ならないように種をまき、5mmくらい土をかけて草をかけておきます。

草をかけておくと、保湿効果だけでなく、強い日差しから種を守ってくれます。
発芽したら日光に葉っぱがあたるように草をよけます。

すじまき
しっかり芽が出てくれるか、わくわくドキドキです。


☆今日の学習☆

二百十日と種まき
9月1日は立春から数えて、二百十日に当たります。
秋冬野菜はこのころ種まきが一番良いといわれています。
気温が暖かいうちに、早く芽目を出すために水をしっかりやること、早く大きくするために水と養分(肥料)と光を与えることが大切なのです。
9月の初めは気温が高く、雨がよく降って種まきの良い条件がそろっています。
この時期に種をまくと3~7日で芽が出ます。
しかし気温がだんだん下がってくるので、種まきが1日遅れると、収穫が1週間遅れると言われています。
適当な時期の種まきが大事だという昔からの教えがあります。

今の時期はどんな野菜でも目を出すことができますが、芽を出してもだんだん寒くなっていくため、最後まで成長して実を付けることができないものがあります。
トマトやトウモロコシなどの夏野菜を植えても実ができません。
このように、私たちが食べる野菜はその特徴を考えて植える時期が決められているのです。

今この時に畑でできる野菜を「旬の野菜」といいます。
ハウス野菜がたくさん売られていますが、旬の野菜は味が良いですし、栄養分も優れています。
この畑の作物をしっかり食べて元気に過ごしましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NPO法人地球環境再生機構 事務局
〒567-0851 大阪府茨木市真砂3丁目4-30
TEL:072-638-2212  FAX:072-638-3314
URL:http://save-planet1.org/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Secret

お知らせ

ただ今 
新年度会員募集中!ボランティアスタッフも同時募集!
期間:
2014年4月~2015年3月

場所:
茨木市若園町
(南中学校西隣の農地)

費用:
2,500円/月
(指導料・公益費・苗・種・肥料などを含む)

活動日:
毎月第2・4土曜日
午前9時~2時間程度

募集対象:
ご家族
(ご家族みんなで。おじいちゃん・おばあちゃんももちろん大歓迎です。)

プロフィール

地球環境再生機構

Author:地球環境再生機構
私たちと共に未来の地球のためにできることを始めてみませんか?地球再生機構では、大阪府茨木市で無農薬の有機農法・自然農法を取り入れた菜園教室を開いております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

NPO法人地球環境再生機構

地球のためにできること…地球環境再生機構

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。