FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に大切なのは「ぐるぐる」=○○型社会!?

こんにちは。
家族で楽しんで、健康のために
無農薬の有機・自然農法を取り入れた野菜を作る
菜園教室に参加している1児のママnakaです☆

菜園教室の出来事をブログに書いていきます。


前回の記事は、
お話会の講師は誰?!
というところで終わっていました。


さっそく回答を言うと、この方↓


中村隆弘 先生


徳島県小松市有機農業サポートセンター
中村隆弘 先生


でした!


(↑上の画像、左側のお優しい先生です↑)


「美味しい野菜がたくさんできる堆肥について」
というテーマでお話していただきました。


お話会に参加された方から
感想を頂きました!
~~~~~~~~~~~~


菜園教室参加のOさま


地球が太陽の周りをまわっているように、
地球上の全ての生き物は、
色々な意味で、循環していることを知って、
とても面白かったです。


この循環を
「ぐるぐる」
という言葉で表現することで、
子どもの中に「大切さ」が
伝わったように思います。
家に帰ってから、
子どもが楽しそうに
「ぐるぐる!」
と言っていました。


野菜を育てることへの
新たな意識が芽生えていることを感じ、
実際に、自分の畑に行ったとき、
熱心にお世話をしてくれました!
うれしく思いました!


~~~~~~~~~~~~


ステキな感想をありがとうございます。
うちの子も「ぐるぐる~」と言っていました♪
私自身もとても勉強になりましたが
子どもには良い刺激だったみたいです。




中村先生は、
循環型社会のことを
「ぐるぐる」
と表現していらっしゃいました。


例えば、無農薬有機野菜ならば、
葉も、花も、実も、
み~んな食べられます
が、
育ちすぎた茎など、固い部分もありますよね?
それを燃やしてしまうと、


「ゴミ」


になってしまいますが、
堆肥の材料に使えば、


「自然に還す」


ことができます。
肥料となり、新たな植物を成長させていく。
ぐるぐると循環が、
永遠に続いていく
わけです!


私たちは「ぐるぐる」を止めてしまい、
「ゴミ」をたくさん出しつづけて、
地球を汚し、傷つけてきました。


異常気象というのは、
地球の


「自浄作用」


ではないでしょうか?


私たちの手で、



ぐるぐる=
循環型社会




を作り、自分たちの手で、
野菜&堆肥作りをして、
美しい地球を取り戻したいですね!
Secret

お知らせ

ただ今 
新年度会員募集中!ボランティアスタッフも同時募集!
期間:
2014年4月~2015年3月

場所:
茨木市若園町
(南中学校西隣の農地)

費用:
2,500円/月
(指導料・公益費・苗・種・肥料などを含む)

活動日:
毎月第2・4土曜日
午前9時~2時間程度

募集対象:
ご家族
(ご家族みんなで。おじいちゃん・おばあちゃんももちろん大歓迎です。)

プロフィール

地球環境再生機構

Author:地球環境再生機構
私たちと共に未来の地球のためにできることを始めてみませんか?地球再生機構では、大阪府茨木市で無農薬の有機農法・自然農法を取り入れた菜園教室を開いております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

NPO法人地球環境再生機構

地球のためにできること…地球環境再生機構

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。